日本

重要なお知らせ

  • Overseas Domestic Workerの為の確認情報 - こちらをご覧ください。
  • 定住(Settlement)ビザ申請 – 英国定住(Settlement)ビザの申請者は、優先サービス利用される場合も含め、英国内のシェフィールドにあるUKVIへ直接郵送にて書類をお送りいただく必要があります。書類をUKVIへ郵送される前に、ご利用の配送業者が英国内の私書箱番号宛に配達可能かをご確認ください。詳しくはこちらをご覧ください。
  • 2018年度Youth Mobility Schemeは2018年1月に開始されます。詳細は、UK Visas and Immigrationのウェブサイトをご覧ください。
  • 9月7日(木)、本日の議会において、移民および国籍手数料の変更が発表されました。主な変更は、移民申請のための新しいHome Office為替レート政策の導入です。
  • 2017年度日本国籍者対象Youth Mobility Scheme第二回抽選20177月に開始されます。詳細は、UK Visas and Immigrationのウェブサイトをご覧ください。
  • EEA国籍者以外の家族申請に関して

    最高裁の判決に基づき、Home Officeはいくつかの申請に対して審査の決定を保留しています。とりわけ、最低所得値に達していないの英国国籍者が支援するEEA国籍以外の配偶者および子供の申請に関してです。保留の理由は、Home Officeが判断の意義を熟考するためです。尚、その他の全ての申請に関しては通常通りの審査と判断が続けられます。
  • 2017 - 2018年度Immigration and nationality Feesの改正 UK Visas and Immigrationにより発表された新たな申請料とサービス料をご確認ください。
  • 2017年3月10日より、東京および大阪のUKビザ申請センターにて、ビジタービザ以外の全ビザカテゴリーに対して申請添付書類の電子スキャンが導入されました。申請センター来館の前に、こちらより詳細をご確認ください。
  • Overseas British Citizenship application に関する重要な情報 –  British citizenshipを申請する方は、ビザ申請センターでの生体認証登録を予約する為に、当VFSウェブサイトにて登録が必要です。 こちらからのご登録後に、予約設定を行って下さい
  • UKVIはSecure English Language Testプロバイダーに関する変更を行います。詳細はこちらをご覧ください。
  • ニュース記事 -  移住民の「健康保険料」で年間2億ポンド徴収 -  詳細はこちらをご覧ください。
  • 2015年4月6日より有料サービスの一部サービス料金が変更となります。有料サービスの詳細は有料サービスよりご覧ください。
  • 返金リクエスト - UKVIおよびVFS Globalへ返金リクエストをされる方はこちらの手順を必ずご確認ください。
  • 英国政府からのビザ関連詐欺に対する回避勧告をご確認ください。
  • 2015年度Youth Mobility Scheme は2015年1月に開始されます。定員1000名で、英国に最長2年間滞在でき、就労及び就学が可能です。詳細はこちらよりご覧ください
  • 2014年7月7日より、5歳未満のお子様の申請も事前にご予約の上、直接ビザセンターにお越しいただくことが必要となります。

    お子様のデジタル顔写真を撮影し、登録を行います。
  • 訪問や定住、就労のビザを申請される方はビザ申請センター(VAC)へ申請予約をする際、”TIER-4 APPLICANTS”を選択しないようご注意ください。間違ったビザの種類を予約したり、複数の予約を故意に確保しておくなどの行為は、ご自身を含む皆様の申請に遅れを生じる等の影響を及ぼす原因となります。
  • 求人募集詐欺に関して:VFSグローバルの代行を装った犯罪の要求にご注意下さい。詳細はこちらのガイドラインをご参照下さい。